もどる
Copyright © 2011 kamiamakusa General Hospital All rights reserved.


上天草看護専門学校 沿革・教育理念

          ○ 沿 革  

  昭和39年7月  上天草病院開設
  昭和40年4月  上天草病院附属準看護学院設立(昭和47年廃校)
  昭和46年4月  上天草病院附属高等看護学院設立(2年課程)
  昭和52年4月  上天草看護専門学校(3年課程)へ変更し現在に至る
  平成 5年4月  学年定員40名となる
  平成16年3月  設置主体が上天草市となる

          ○ 校 訓 

  1. すこやかな身体
  2. いたわりの心
  3. 科学する看護

          ○ 教育理念 

  本校は、すこやかな体、いたわりの心、科学する看護を校訓としている。人間の尊厳に基づいた豊かな人間性を育成し、社会の変化に対応できる資質の高い看護実践を育成する。

          ○ 教育目的 

  看護師として必要な知識および技術を教授し、社会に貢献し得る有能な人材を育成する。

          ○ 教育目標 

  1. 看護の対象である人間を、統合的に捉えるとともに生活者として理解できる能力をやしなう。
  2. 人々の健康上の課題に対応するため、科学的根拠に基づいた看護を実践する基礎的能力を養う。
  3. 保健・医療・福祉における、看護職の役割を認識し、チームの一員として他職種と協働できる能力を養う。
  4. 人間の多様な価値観を認識・尊重しコミュニケーション能力を身につける。
  5. 生命の尊厳に基づいた豊かな人間性を養う。
  6. 社会の動向に関心を持ち、看護を探求する態度を身につける。
  7. 健康と生活の相互作用を理解し、自己の健康を管理する能力を養う。